使い方 - 基本編

** スクリーンキャプチャとか貼れよ、という感じですが、また後でやります。すんません。

まず、最初のプロキシ設定を作成してみましょう。

右上にある、ゴミレベルの出来の竹槍風のアイコンを右クリックし、オプションをクリックします。
(もし、右上に竹槍アイコンすら表示されていなければ、同じく右上にある三本線のアイコンをクリックして、ツール、拡張機能と辿ってください。Bamboo Spearの"ボタンを表示する"をクリックしてください)

"Form Input Mode"というページが表示されます。
"Create New Proxy Setting"というボタンをクリックします。
入力フォームが開きますので、ここに入力していきます。

"Proxy Name" には、表示用の名前を入れます。どうプロキシサーバを使っているかによりますが、ポート番号で区別しているならば、おすすめは、頭にポート番号をつけるやり方です。たとえば、"9502 staging"などとします。(Chromeアドオンの仕様上、アイコン上に半角英数4文字までしか表示されません。この例だと、9502と表示されて、わかりよいかと思います。)

"Host"には、プロキシサーバのホスト名を入力してください。

"Port"には、プロキシサーバの接続先ポート番号を入力してください。

"Bypass List"には、プロキシ設定を除外したいホスト名パターンを入力してください。

"Create and Close"ボタンをクリックします。(続けて入力したい場合は、Createボタンをクリックすると良いです)

再び、右上のしょうもない竹槍アイコンをクリックしてください。登録したプロキシ設定が反映されていますので、それを選択した後、どこへでもブラウジングしてください。"Bypass List"に含まれていなければ、プロキシが効いているはずです。