How to use - basic


** I will add some screen capture images. sorry ^^


Create your first proxy config.

Right-click the silly icon to open a pop-up menu. So choose "option".

You can see "Form Input Mode" page.

Click "Create New Proxy Setting" button

Input the label for the config as "Proxy Name".
- recommend: input port number. ex. "9502 staging".

Input the proxy server's host name as "Host".

Input the port number of proxy server as "Port".

Input the host name pattern to exclude individual servers as "Bypass List" if you need.

Click "Create and Close" button.

Click the silly icon and then choose the new proxy you created just now.

Access somewhere by yourself. The proxy has been already effective if the config isn't wrong.

How to use - advanced

In "Form Input Mode" page, click the link left above "Go to Direct Input Mode".

In "Direct Input Mode", you can directly write the config as JSON format.

For example, write the following text in the textarea,


[
    {
        "name": "9502 staging",
        "rules": {
            "singleProxy": {
                "host": "sample-proxy.hogehogehoge.com",
                "port": 9502
            },
            "bypassList": [
                "www.hogehogehoge.com"
            ]
        }
    }
]

and click "Save" button. then "9502 staging" has been registed.

This mode is very usefull, I think.
Suppose that you are a member of a web dev team, and now new member come in. 
You can easily share proxy settings with him/her if you send your json. All new comer have to do is copy and paste it. Of course installing Bamboo Spear before all.


使い方 - 基本編

** スクリーンキャプチャとか貼れよ、という感じですが、また後でやります。すんません。

まず、最初のプロキシ設定を作成してみましょう。

右上にある、ゴミレベルの出来の竹槍風のアイコンを右クリックし、オプションをクリックします。
(もし、右上に竹槍アイコンすら表示されていなければ、同じく右上にある三本線のアイコンをクリックして、ツール、拡張機能と辿ってください。Bamboo Spearの"ボタンを表示する"をクリックしてください)

"Form Input Mode"というページが表示されます。
"Create New Proxy Setting"というボタンをクリックします。
入力フォームが開きますので、ここに入力していきます。

"Proxy Name" には、表示用の名前を入れます。どうプロキシサーバを使っているかによりますが、ポート番号で区別しているならば、おすすめは、頭にポート番号をつけるやり方です。たとえば、"9502 staging"などとします。(Chromeアドオンの仕様上、アイコン上に半角英数4文字までしか表示されません。この例だと、9502と表示されて、わかりよいかと思います。)

"Host"には、プロキシサーバのホスト名を入力してください。

"Port"には、プロキシサーバの接続先ポート番号を入力してください。

"Bypass List"には、プロキシ設定を除外したいホスト名パターンを入力してください。

"Create and Close"ボタンをクリックします。(続けて入力したい場合は、Createボタンをクリックすると良いです)

再び、右上のしょうもない竹槍アイコンをクリックしてください。登録したプロキシ設定が反映されていますので、それを選択した後、どこへでもブラウジングしてください。"Bypass List"に含まれていなければ、プロキシが効いているはずです。

使い方 - 応用編

まずは、基本編をご参照の上、"Form Input Mode"というページが表示されている状態までいってください。

左上の、"Go to Direct Input Mode"というリンクをクリックします。

この"Direct Input Mode"では、JSON形式で、直に、登録してあるプロキシ設定を編集したり、コピペでインポート/エクスポートしたりできます。

たとえば、このテキストエリアに、


[
    {
        "name": "9502 staging",
        "rules": {
            "singleProxy": {
                "host": "sample-proxy.hogehogehoge.com",
                "port": 9502
            },
            "bypassList": [
                "www.hogehogehoge.com"
            ]
        }
    }
]

と入力して、"Save"ボタンをクリックすれば、"9502 staging"というプロキシ設定は既に登録済みとなり、利用可能になります。

この機能は、場合によっては、いろいろ便利だと、私は思っています。

このJSON形式のテキストを開発チーム内で共有し、管理できます。単なるJSONですので、変更があってもdiffが見やすいです。
新たなメンバーがチームに入ってきても、このテキストをコピペしてもらうだけで、プロキシ設定が済んでしまいます。

いくつかのチームに所属していて、チームごとのプロキシ設定があっても、おなじみのJSON形式なので、少しルールを理解すれば、設定の追加やマージも楽です。

また、決められたフォームを通さずとも作業できるので、ポート番号違いの設定を大量に追加するときも速いです。